【応募が来る!?求人をかけるときのポイント①】

求人票は企業の“履歴書”

介護業界に限らず、人手不足は採用担当者を悩ませます。
高待遇や福利厚生を整えても応募が来ない・・
1年を通して応募の多いシーズンのはずなのに、求人費だけがかさむ・・
そう思っている企業の方も少なくないはずです。

求人広告の見直しは定期的にされているでしょうか?
面倒だから前回の求人をそのまま更新して掲載しよう、時間がないから前回のまま部下や後輩に依頼しておこう。
実はこの『見直し』が大切なのです。

求人票は、企業の“履歴書”のようなものです。
そして求職者は求人票から『企業の顔』や『体質』を見ます。
採用条件や待遇など必須条件だけ並べた求人広告では、企業の本質はわかりません。

応募が来る求人のポイントとは?

企業側が採用したい人材を選ぶように、求職者も企就職先を選んでいます。
「この会社に勤めたいな」
「長く働けそうだな」
「スキルアップ・キャリアアップ出来そう」
と思わせるアピールポイントが必要になります。
例えば、アットホームな職場で人間関係も良好だとします。
「アットホームですよ!」
の一言だけでは信ぴょう性に欠けてしまいますよね。

こちらをどのようにアピールするか・・
「アットホームな環境でスタッフ間も和気あいあいと働いています。時には楽しく時には厳しくチームワームを高めスタッフ一同目標を持って取り組んでいます。前の職場で嫌な思いをされた方、人間関係は仕事のモチベーションを上げる一つだと考えます。スタッフ間での相談環境を整えていますので、そんなお悩みをお持ちの方も勇気を出して当社で働いてみませんか?」
など、少々長くなりましたが、求職者の気持ちに寄り添って実体験を想像させるような文章をいれると、求職者の背中を押す内容となります。

介護業界は横のつながりも強いのが特徴です。
「あの施設・事業所は働きやすいよ!」などの口コミも広がりやすいですし、求人票は在籍中で転職を考えている求職者の目にも留まりますので定期的な見直しはしておいたほうが良いでしょう。

あと重要なポイントの一つとして、「募集理由」になります。
「欠員補助」や「事業拡大」といった理由が多いと思いますが、左記の文言だけでは不安に思う求職者もいるはずです。
「出産で産休をとるスタッフがいるため募集します!
業績によっては社員登用もあります。
未経験でも丁寧に指導いたしますのでご安心ください」
「新しくオープンする事業所のスタッフ募集です!みんな新しい環境で目標を持って同じスタートラインに立ちます。未経験の方も研修がありますのでご安心ください!経験のある方は経験を活かしてご活躍くださいね!」
など、企業の思いを伝えることは求職者の安心を与えます。

人材確保できないことには十分満足の行く業務ができず、どこかおろそかになってしまうこともあります。
それが最悪事故につながると言っても過言ではありません。
「人材(人財)」と最近言われるように、人こそ「財産」なのです。
企業アピールを求人票に込めて見直してみませんか。
マンパワーグループには、アピールできる項目がたくさんあります。
伝えたいことを明確に、且つ求職者の心を動かす内容を記載してみてはいかがでしょうか。

介護求人ネット

マンパワーグループが運営する転職サイト「介護求人ネット」には、全国の介護・福祉の求人情報が20,000件以上掲載されています。
ケアマネージャー、ホームヘルパー、介護福祉士などの求人を多数掲載。
介護職を希望の方はぜひ、「介護求人ネット」をご活用ください。