コラム

介護事業者必見!時代の流れに合わせた求人ページを!!

慢性的な人材不足が課題となっている介護業界ですが、実は資格は持っているけど子育てなどでブランクがあり活かせていないという方が多くいらっしゃいます。

そんなブランクのある方が久しぶりに介護の仕事を探す時、求人を見て、働けるのに働けないと諦めてしまう方が非常に多いのです

例えば・・・

過去にホームヘルパー1級を取得していた方が、インターネットで「ホームヘルパー1級 パート」で求人を検索して「必須資格:実務者研修」という求人を見た場合、

この方は「実務者研修は修了してないから私はダメだな」と諦めてしまうのです。

もちろん、実務者研修修了の方しか採用できない場合は仕方ありませんが、実務者研修とヘルパー1級どちらでも募集対象となる場合、前述のように「私は働けないな」と諦められてしまうと応募の機会損失に繋がります。

このような場合は

「必須資格:実務者研修(同等の資格を含む)」

「必須資格:実務者研修・介護職員基礎研修・ヘルパー1級のいずれか」など、募集の窓口を広げるような記載方法をオススメします。

2016年度より介護福祉士の受験資格が変更されたように、今後も資格制度の変更が行われる予定です。

その都度、求人の募集要項も柔軟に変更し、「働きたい」と思っている求職者とより多く繋がることが大切です。

介護求人ネットでは、「必須資格」「所持していると好ましい資格」を資格名でそれぞれ選択でき、

「求める人材」欄には必要としている方の人柄や所持資格を自由入力できます。

これらを上手く活用し、まずは一人でも多くの求職者に貴社の求人を目に留めてもらいましょう。

☆おまけ☆

通信教育大手・ユーキャンの人気講座ランキングによると、医療事務やファイナンシャルプランナーと並んで「介護事務」の講座も人気のようです。

比較的簡単に資格を取得できる、仕事が沢山ありそう、デスクワークで負担が少ない。というのが人気の理由です。

しかし、介護の事業者が「介護事務資格取得者」を対象に募集している求人はあまりありません。

事務職員を募集する時は「介護事務」という言葉を入れると、他の求人に差をつけられるかもしれませんよ!?

介護求人ネット

投稿者の記事一覧

介護求人ネットは、採用定着型成果報酬の介護専門求人サイトです。

関連記事

  1. 応募者Quoカードプレゼント ★嬉しい応募者プレゼント実施中★
  2. 楽しく介護 応募されやすい求人情報をつくりましょう♪
  3. ついに登場!!【★NEW OPEN枠★】キャンペーン開始( *´…
  4. 介護のお仕事は性別が女性のイメージですが男性も実は大歓迎♪ ~介護の仕事と性別~
  5. お祝い金がある求人 え?「お祝い金」がもらえるの?
  6. 地域包括支援センターって何?
  7. 【応募を集めるために、重要なキーワードは?】
  8. デイサービス デイサービスの実習!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 年間休日
PAGE TOP