コラム

応募を左右する「明るく元気な方お待ちしています!」?!

こんにちは!介護求人ネットです。
春らしい陽気の本日。ひねもすのたりのたりかな、と行きたいところでしょうが、就活日和♪
就活を本格化させる応募者様向けに求人票を再度見直してみてはいかがでしょう?

優秀な求職者を逃しているかも?!

求人票を見ているとよく「明るくて前向きな方」「コミュニケーション能力の高い方」など書かれているのを目にしませんか?
うちも使っているよ!だったり、過去の求人に使ったことがあるよ、という採用担当の方も多いのではないでしょうか。

実はこの表現は少々曖昧で、優秀な求職者を逃している場合もあるのです。

実際に求職者の中には、条件の良い求人票を見つけても「明るくて元気な人」と記載されていたりすると、「明るい人の基準ってなんだろう」「大人しくて引っ込み思案な私は採用してくれないだろうな」と思い、応募を諦めている人もいるようです。

企業側からすると「どうせなら明るくて元気な人がいいな」と思って、あまり深く考えずに記載する方もいるかもしれません。

書き方次第?!

「明るくて元気な人」が良いのはどこの企業でも一緒ですよね。
それは言い方を変えれば、「前向きに仕事に取り組み、行動力があって人間関係も良好に保たれる人」であり、仕事に好影響を与えられる人、と言う事ではないでしょうか。

「暗くて元気のない方」は求めないだろうし、もちろん求人票には書きません。
ですが、それに近い方がいるとすれば、「落ち着いて、コツコツと物事に取り組める方」ではないでしょうか。

言い方を変えれば多方面から応募者が増えるかもしれません。

言葉ひとつひとつ・・・

介護職はサービス提供する職業であり、時に体力を使う場合もあるため「明るくて元気な方」という求人を目にすることが多いのかもしれません。

もちろんその文言は企業が求める人材に直結して、求職者もわかりやすく、マッチングを図るにはピッタリでしょう。

ですがそれは時には求職者から“ネガティブな言葉”に変わってしまうことも忘れてはいけません。

求人票を作るのって意外と難しいんです。言葉一つ一つの意味を考えながら作ってみると新しい発見があるかもしれませんね。

さてひな祭りです。
お内裏さ~まとお雛様。誰でも知っているこの歌。
お内裏様というのはひとりではなく、お殿様とお姫様のふたりというのが正解らしいです。
言葉って難しい~
こんなあれこれ考えるのもブログを書くのも認知症予防に効果的!
って毎回認知症予防ネタ(笑)介護求人ネットだけにね♪

 

介護求人ネット

投稿者の記事一覧

介護求人ネットは、採用定着型成果報酬の介護専門求人サイトです。

関連記事

  1. 【すぐ辞める人をなくすために・・〜社員の本音を聞き出せ!レッツ飲…
  2. 面接に適した服装は?
  3. 食事介助 介護の仕事で求められること、とは?
  4. 応募の多い求人実例~介護職〜
  5. 求人情報は、企業の履歴書です。
  6. 仕事のリフレッシュ方法~危険!疲労は事故の原因です~
  7. 介護の現場の理想と現実
  8. 【介護のイメージを変えよう!】

カテゴリー

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. リンク
  2. 登録ヘルパーの求人
PAGE TOP